FC2ブログ

絵に関する本

ここでは、「絵に関する本」 に関する記事を紹介しています。

見てすぐ描ける動物スケッチ

猫が16種、犬が38種、野生動物が約80種、それぞれ複数のスケッチが掲載されています。著者は動物専門イラストレーターの田中豊美(たなかとよみ)さん、自然生物画かの狼林(ろうりん)さんで、動きの速いポーズや遊んでいるときの動きもしっかりとらえています。猫や犬は、種類によっての体格の特徴をスケッチで表し、性格も解説されていて、読み物としてもおもしろいです。
動物スケッチには、もちろん、ちょっと絵に、なにか動物を登場させたいときにも参考になります。

全168ページ、出版社 視覚デザイン研究所、寸法 20.8 x 19.8 x 1.6 cm 、
このボリュームと情報の質で、1500円はありがたい価格です。

nekohonnA300.jpg
本文カラーページ、三毛猫、黒猫、アメショ……、ちゃんといますね。↑クリック拡大


nekohonnB400.jpg
猫の体、目のしくみ、骨格、こういう情報は、貴重。掲載されてない教本が多いです。↑クリック拡大


nekohonnC400.jpg
猫の表情、人間や成猫と子猫を比較しているので、分かりやすいです。↑クリック拡大

関連タグ : , , 動物, スケッチ, 上達, ,


ターレンスジャパン編集画材料理ブック

ターレンスジャパン編集 画材料理ブックを、この頃読むことが多いです。とくに電車やバスの移動時間にパラパラと見ています。鉛筆、パステル、水彩、アクリル、各種ペン、墨、立体まで技法と画材が網羅されています。しかもオールページカラー印刷。
面白い絵の描き方はないかな? と思ったときに、アイデアやヒントを得られます。11×21.5cmの縦型のハンディな本ですので、持ち歩くのも便利、混んだ電車のなかで読める大きさです。

欲を言えば、平面のアート作品(前半部分)の作例をもう少し頑張って欲しかったです。著者のターレンスクラブ編集部 南雲治嘉さんは、グラフィックデザイナーでデザイン的な絵や立体はとっても分かりやすく創りたくなる作例が多いのですが、パステル、水彩、アクリルは、う~ん? という作例もありました。

しかし、あらゆる画材と技法を知ることができるので、税込み価格でで1800円なら、お買い得だと思います。
世界堂本店には、在庫があると思います。

関連タグ : 画材料理ブック, 画材, 技法,