FC2ブログ

RSS|archives|admin

猫空間その15、アクリルで虎猫を描く

2019.12.09 Mon
15-300.jpg
猫空間その15 F6キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大
こちらの絵はArt-Meterで販売中! sold out!

虎猫が、初めての冒険に緊張と期待でわくわくしている感じを出したく描きました。
猫空間その13」を切り絵、コラージュのようにして、ブルーで展開しています。
猫が初めて外の空気に一人で触れる、ドキドキ、わくわくする気持ちを表現してみました。
サイズもやや大き目6号を使い、猫の楽しみが溢れ広がる作品をめざしました。
下地、マチエールの作りこみ、リプリント、色付け頑張っていますので、拡大してみてください!

モデルの猫は、若いときの愛猫=鹿の子(アメリカンショートヘア)を参考にしています。
もぉ……、とっても愛おしくて、ていねいに描いています。
少しへっぴり腰で尾っぽがふくれていますが、表情は猫の威厳があふれています!

2009.11.29

Theme:猫の絵 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(12) | Trackback(-) | top↑ |

猫空間その9 アクリルとメディウムで猫を描く

2018.03.24 Sat
nekoku9-300.jpg
猫空間その9 F4キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

neko09.jpg
Cat Gallery 2009 Calendarより

猫のゆるんだ姿、温かく漂う空間、古びた建物が猫の一部のようにしっくり似合っています。
猫って、いいなあ。。。
ちなみに、このモデル猫さんは、メスです。
大姉御っていう雰囲気ですね。

左上のオレンジの部分、真ん中上の黒い部分は、転写(リプリント)してみました。
転写したあとにグレーズしたり、細かい部分を描き足したり、ヤスリで削ったりするとおもしろい効果が出ます。
猫の下の白っぽい色味は、ジンクホワイト(半不透明絵の具)で描き、下の色が透けるような感じにしてみました。
チタニウムホワイト(不透明絵の具)だと透ける感じが出しにくいようです。

*グレーズグレージング)とは?
描き乾いたモチーフに、水やメディウムで薄めた絵の具で薄く色をかけることです。より深みのある透明感を表現する方法と言われます。


Theme:猫の絵 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(10) | Trackback(-) | top↑ |

猫空間その4 アクリル絵の具とメディウムで猫を描く

2017.12.31 Sun
nekoku04-300.jpg

猫空間その4 F4キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

猫空間シリーズ4作……、

自分にしては長文を記したところ、落ちました(涙)。
短文で行きます(笑)。

猫空間シリーズ4作目です。
猫が好んで居るところは、気持ちが良くて安全なところですね。
夏、木陰や軒下の風通しの良いところ。
冬、陽だまりや炬燵、洗濯物の上。

このアクリル画は、古い町並みとまだ若い黒猫の対比が面白く、下地を作りこんでヒビを入れたり引っ掻いたり転写・コラージュなどで描いてみました。
ハンス・シルベスターHans Silvester写真集を参考にしています。
実際には、町並みはもっと白っぽい感じです。

ハンス・シルベスターHans Silvesterさんの写真の猫たちは、自由気ままで野生的です。
交尾の写真を多く撮ったところから「猫ポルノ」とまで、言われたそうです。
ぜんぜんポルノじゃないですけれど。
写真の色使い、構成力、雰囲気、素晴らしいです。


Theme:猫の絵 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(11) | Trackback(-) | top↑ |